new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

コスタリカ ナランホ農園 アナエロビック ナチュラルプロセス

2,200円から10,560円

最大20%OFF

送料についてはこちら

  • 【コーヒー生豆】500g

    ¥2,200

  • 【コーヒー生豆】1kg

    通常価格 4,400円

    ¥3,960

    10%OFF

  • 【コーヒー生豆】3kg

    通常価格 13,200円

    ¥10,560

    20%OFF

  • 【焙煎 豆】200g

    ¥2,400

  • 【焙煎 豆】500g

    通常価格 6,000円

    ¥5,400

    10%OFF

  • 【焙煎 豆】1kg (500g×2袋)

    通常価格 12,000円

    ¥9,600

    20%OFF

このコーヒーは アナエロビックファーメンテーションという 特集な精製方法(プロセス)、 そして 特殊な品種(H1ハイブリッド品種)で作られたコーヒーです。 生産国 コスタリカ 生産地 アラフエラ州 カニュエラ・デ・ナランホ 精 製 アナエロビックナチュラル 標 高 1,500m 品 種 H1(サチモール×ルメスーダン) クロップ年 22/23クロップ 農園名 Villa Triunfo農園 乾 燥 アフリカンベッド サイズ 15up ナランホ農園 では、 H1のチェリーを手摘みで完熟したものだけを摘んでいき、トレスリオスにあるパタリージョウェットミルへ運搬されます。チェリーは発酵槽に入れられ48時間発酵された後、金属製の気密性の高いタンクに移され、嫌気状態でさらに48時間の発酵が行われます。この嫌気発酵の際は、タンクは温度管理ができるコンテナで保管されて外気温の影響を受けにくくする工夫が行われています。全ての発酵工程が終了した後は、チェリーのままアフリカンベッドに広げられ、手作業での撹拌作業、乾燥作業が行われます。水分値に応じて撹拌の頻度は調整され、棚に広げられた直後の最も水分値の高いタイミングでは、30分おきに一日中撹拌が行われるそうです。こうしておよそ15日間かけ、水分値が10.5%になるまでゆっくりと乾燥されたチェリーは、さらに1ケ月以上のレスティングを経てようやくドライミルに運ばれていきます。 ※アナエロビック とは、 2014年にコスタリカのCOE(コーヒーの品評会)で初めて出品され、世界中から注目された精製方法です。「嫌気性発酵処理」はもともとはワインの醸造で行われている手法でありアロマティック重視のワインは収穫したブドウを酸素と触れ合わせないようにします。 通常コーヒー生豆も精製する際にも発酵させる工程はあります、密閉はせず、空気に触れる状態で行われてきました(好気性発酵)が、アナエロビック・ファーメンテーションとは密閉された発酵槽やタンクの中で、無酸素状態で行うのがアナエロビック。それによって有酸素状態では活動しない微生物が活動し、独特のフレーバーが生まれる。また、密閉することでコーヒーに影響を与える外的要因を減らし、発酵槽内の温度をコントロールする装置と組み合わせることで、クオリティを安定させることもできる。 コーヒーの品種 H1は サルチモールとエチオピア在来種のルメ・スーダンを交配させて2010年に生まれた品種で、フランス国際農業開発研究センター (CIRAD) 、中央アメリカ各国コーヒー研究所ネットワーク (PROMECAFE)、そしてコスタリカの熱帯農業研究教育センター (CATIE) の共同研究により開発されました。 柑橘系のフレーバーが出やすいのも特徴で、レッドハニーやナチュラル、アナエロビックなど様々な精製に対応すると言われいています。

セール中のアイテム